ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

橘アンジュ

連チャン&天井、6号機「新鬼武者」の荒波に揉まれる

記事一覧へ

公開日: 2020/03/31

投資3kで高設定GET!?

 

 

今日も今日とて乳マシーンハント、橘アンジュでーす。

 

今回はあのタイトルが久々登場ですよ!

 

『パチスロ 新鬼武者~DAWN OF DREAMS~』

 

「新鬼武者」とはいえ、今回はエンターライズから登場! かつて爆発的な人気と出玉力を誇った「新鬼武者」だけに、メーカーが変わってもファンの期待度は計り知れません。そのあたり、本機は満足させてくれるのでしょーか!?

 

解析を見る限り、ボーナスや特化ゾーンが沢山あってややこしそうでありますが…とにかく打ってみましょう!

 

 

 

 

基本的にはレア役・ゲーム数消化・CZで擬似ボーナスを当て、そこからメインATに入れ特化ゾーンを絡めながら出玉を増やすといった流れ。ゾーンが存在しますのでヤメる際、台を拾う際はこちらを要チェックです。

 

 

朝イチ110ゲーム、前兆ステージ「醍醐の花見」に移行しました。 特に何も引いておらず、夕方ステージから移行したのでゲーム数による移行ですね。

 

そして発展し…

 

 

当たるのかー!!!!!

 

投資138枚で初当り。さては高設定だな!(あさはか)

 

ここを超えなきゃ始まらない。チャンスをモノにできるのか!?

 

 

早速当たった擬似ボーナス「鬼ノ試練」。これがメインATへの主な契機です。3連勝できれば特化ゾーンを経由してメインAT当選…。最近よくある「3回勝つやつ」。アンジュが苦手なやつ。

 

しかし! 同じく3回勝つやつが苦手なアナタ、気を落とすなかれ!

 

「鬼ノ試練」は1戦目より2戦目、2戦目より3戦目のほうが勝利期待度が高いのです。

 

 

これなら1戦目を超えればやれそうでしょ? 最大の壁である1戦目を見事勝利し、なんと2戦目は勝利濃厚キャラ。

 

 

勝利期待度75%の3戦目は…

 

 

ね! 3回勝つの苦手なアンジュでもしっかり勝てました♪ 初当りのほとんどは「鬼ノ試練」ですが、偶数設定はメインATの「幻魔闘ボーナス(赤7)」直当りが優遇されているので、いきなり赤7に当選することが複数回あれば偶数設定の可能性アップです。

 

 

「鬼ノ試練」突破後は特化ゾーンの抽選を行う「真・鬼斬一閃」へ。

 

成立役によって3つの特化ゾーン、「追想ノ舞」、「蒼剣乱舞」、最強の「蒼剣乱舞・覚醒」が抽選されます。

 

この特化ゾーンでVストックをゲットできるかがロングATへの鍵になりますので、上位特化ゾーンが選ばれるよう気合いを入れてレバーオンです!

 

 

今回は「蒼剣乱舞」が選ばれました。ベル連やレア役でptを貯めて、最終ゲームでストック当否ジャッジとなります。

 

 

弱チェでいきなり10000pt!

 

10000pt到達すればストック獲得濃厚とのこと♪

 

 

結局12000pt強でVストック×2をゲット! そしてここでゲットしたVストックはただのAT継続じゃないんです。

 

 

特化ゾーン後は遂に純増約3枚/GのメインAT、「幻魔闘ボーナス」です!

 

こちらはバトルに2勝すれば1G完結のボーナス告知or特化ゾーンの抽選ゾーン「鬼斬一閃」に、3回勝つことができればVストック特化ゾーン確定の「真・鬼斬一閃」となるのですが、ここでVストッ クを持っていると…?

 

 

ストック放出で「幻魔闘ボーナスEXTRA」になるのです! 何がEXTRAってEXTRAはバトルに2勝した状態からスタートなのです!

 

 

なので継続は勿論、残す1戦にばっちり勝利すれば、またまた特化ゾーンを経由して次のボーナスに突入できるのです。これはまさにEXTRA!

 

最初の「幻魔闘ボーナスEXTRA」は残す1戦が勝てず、AT継続以上確定の「鬼斬一閃」へ。特化ゾーンには当選せず、そのまま次回ボーナスに進みました。

 

ここで特化ゾーンを経由できるか否かは、ストック獲得にも出玉にも関わってくるのでかなり大きいですね。

 

残り1個のストックを放出した2回目の「幻魔闘ボーナスEXTRA」では、無事に完勝し再び「蒼剣乱舞」へ突入。そしてまたVストックを2個ゲット♪

 

こんな感じで、初回特化ゾーンでVストック獲得→バトルボーナスで完勝しまた特化ゾーンへ…、の流れを繰り返すことがロングATに繋がるワケです! これは完走も見えてきますね!

 

ちなみに奇数設定のほうがVストックの獲得率が高いらしいですよ!?

 

 

 

 

一撃1300枚超え! いや~楽しかった! みなさん! これが本機の出し方ですよ! ちなみに鬼ノ試練終了画面・幻魔闘ボーナス終了画面では出現する画面によって設定示唆が行われています(↑はデフォルト画面)。

 

では、気持ちよく終了しようと思っていたら、隣で打っていた担当のじゃっくちゃんが

 

 

「良い流れですね! ここからは通常時3000回転目指して頑張りましょう!」

 

こ、このクジャク、鬼だ…、鬼がおる…。

 

今まだ通常時130回転程ですけど…。しかしこれが新台ハント。勝つことだけが目的ではない…。

 

わかってますともわかってますとも。6号機の「新鬼武者」がどんな挙動をするのかばっちりハントしてお伝えしましょう!

 

CZ当選は設定推測ポイント!

 

レア役とゲーム数消化以外に、AT当選の契機となるのが10G+α継続のCZ「目覚めよ鬼」です。

 

 

こちらスイカでのみ抽選を行っていて、突入確率には設定差があるので注目してください!

 

 

ボーナス期待度は40%。この日はレア役のヒキも良く、6回のCZ中4回ボーナスに当選!

 

ところがボーナスに当選するも、「鬼ノ試練」で勝利することができず、勝利するもVストックを獲得できずATが続かない。そして気付けば777回転。

 

 

天井だ~☆

 

恩恵はボーナス当選。 お時間的にもこれが最後の「鬼ノ試練」…。

 

 

3勝して!

 

また!

 

ロングATに!

 

入れたい!!!!

 

 

初戦でアッサリ負けたァァァ!

 

実戦終了! ハンター的まとめ

 

 

しかしながら一応は勝利。一応は。

 

 

スランプグラフは綺麗なお山を築きました。

 

スイカからのCZ当選率ですが約17.6%(6/34)という結果に。細かく当たってくれた点からも1ではなさそうですが、1日打つには厳しいかも…。

 

しかしながらCZや特化ゾーン、ボーナス中など、レア役が仕事をする場面がとにかく多く、ヒキ次第では低設定であっても完走可能な印象でした!

 

実際この日の初回ATが伸びたのは、上手いタイミングでレア役を引けていたのも大きかったかな、と。お隣の台では最強特化ゾーンから簡単に完走する場面も見受けられ、まだまだポテンシャルを秘めていそうな予感。

 

ボーナス中のバトルやボーナス告知or特化ゾーンの抽選ゾーン「鬼斬一閃」、そしてストック特化ゾーンと叩きどころがしっかりある本機。ぜひぜひホールで体感してみてくださいね♪

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ