ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

橘アンジュ

導入直後の新台をハントしてきた乳マシーンハンターの歴史をプレイバック③!

記事一覧へ

公開日: 2020/06/08

 

 

こんにちは〜、乳マシーンハンターの橘アンジュです〜。

 

 

今回も、乳マシーンハンターの軌跡を辿る総集編をお送りいたします! ここまでの総集編では過去の辛い記憶を呼び起こした私ですが、今回はいかに…?

 

 

VS『パチスロ TIGER & BUNNY』

 

アンジュが愛してやまないタイバニを最速実戦!

 

 

第7回目は、大大大ッッ好きなアニメがまさかのパチスロ化で、大興奮でしたね。そうです、『パチスロ TIGER & BUNNY』がリリースされたのでありました!

 

 

 

 

アニメなら放映が終了し漫画なら連載が終わり、メディアミックスもあらかた終了してしまい…と、新しい供給が無くなって久しい頃。突如ホールに登場してくれるのがパチンコ・パチスロの良いところの1つだなって、個人的に思っていまして。

 

 

まあ想像するに大人の事情とか色々あってそのタイミングになるんでしょうけど、ファンとしては素直に嬉しいじゃないですか。そういう意味でタイバニのパチスロ化は、ヲタク界隈にも衝撃を与えた1台でしたよね。

 

 

実際に打ってみて印象的だったのは、通常時の楽しさかな。レア役で発展し、レア役で刺さるという。6号機のパチスロで周期待ちに慣らされた感があったので、このレア役がちゃんと仕事してくれる仕様が凄く楽しかった!

 

 

 自前のスカジャン持参で繰り出した奥義

『彼シャツならぬ推しジャン』

 

 

それに、パチスロ用の新作アニメーションが豊富でねぇ! 山佐さんに感謝感謝。

 

 

実戦結果はと言いますと、上がるテンションとは裏腹に徐々にグラフが下がっていき、そのまま終了したのですが…、なんと後任者の方にめっちゃ出されていたことが翌日判明。

 

 

ま、まあ楽しかったからアンジュも実質勝ちなんで!!!!

 

 

 

 

VS『スーパービンゴギャラクシー』

 

奥義『ごきとう』でスタート

 

設定56確定! 最新台6号機ビンゴで完走、そして完走!

 

 

続きましても、アンジュのテンションが異常に高かった回でございます。遂に6号機で登場したビンゴシリーズ最新作、『スーパービンゴギャラクシー』!

 

 

 

 

ワタクシ、自称『業界一ビンゴシリーズと相性の良い女』だって勝手に思っているんです。

 

 

そのくらいビンゴシリーズには、過去に良い思いしかさせてもらっていない…! 万枚童貞を奪ってくれたのはびん娘ちゃんだし、2度目の万枚もびん娘ちゃんに捧げた! だからコスプレするくらい大好き!!

 

 

びん娘のコスプレ 

 

 

なので、この日も勝つ気しかしなかったんですね〜。で、重い初当りもサクッと取って、なんとそのままAT完走。しかもED中のミニゲームで発生する設定示唆から5・6も確定。ホラな、私ビンゴに愛された女なんだ(ドヤァ)。

 

 

でも、これまでビンゴに手酷くヤラれてきたという方々にも、本機はオススメできますよ!何故ならATが継続しやすく、完走率がかなり高いのです。

 

 

初当りの重さを超えた先にあるこの爆発力・一撃性は、過去のビンゴシリーズと遜色ありません。

 

 

 

 

結局この日は2度ATを完走させ、乳マシーンハンター初の圧勝となりました! 6号機という規制の中でも、しっかりとビンゴの魅力が詰め込まれた本機。

 

 

アンジュ的に、初めて6号機での万枚がイメージできた1台でした!

 

 

 

 

VS『戦国パチンコ P義風堂々!!〜兼続と慶次〜』

 

乳マシーンハンターに美乳の刺客が参戦! 「P義風堂々!!」に挑む!

 

 

続く第9回はパチンコ回! 2スペック同時リリースの『戦国パチンコ P義風堂々!!〜兼続と慶次〜』。

 

 

2スペックを同時にハントするため、こちらもハンターがもう1人欲しい…! そんなワケで大先輩ヤドゥさんにお願いして、初のタッグ戦で挑むことに。こうして乳(New)コンビは爆誕したワケです。

 

 

 

 

 

 

台の方はというと、ヘソ入賞時の賞球が1個と3個という違いがあり、1個賞球の方は投資ペースが早い分、一撃性を謳った仕様になってましたね。

 

 

私自身は初当りも早く、RUSHの継続率約83%の恩恵も受けて、開始早々8000個の出玉を獲得!

 

 

…ここまでは良かったんです。この後アンジュは修羅に入りました。チョイハマリと単発を繰り返し、出玉はノマれ追加投資が止まらず…、良いところでヤメられないのが新台取材。これぞ修羅。

 

 

一方ヤドゥさんはというと…、もうず〜っと修羅。朝からハマリと単発を繰り返し、遂に投資は16,000個を超えてしまいます。

 

 

 

 

しかしここからが、1個賞球バージョンとヤドゥさんの凄いところ!! 終了時刻間際にようやく入ったRUSHを15連させ一撃12,500個の出玉をGET!

 

 

 

 

大先輩の最後まで諦めない姿に、感銘を受けたタッグ戦となりました。ま、2人とも負けたんですけどね!

 

 

VS『闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機』

 

猪木の荒波に揉まれまくる「乳マシーンハンター」

 

 

第10回は、『闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機』。この機種名だけで痺れる人も多いはず。そうです、かつて人気を博した初代と同じ名を背負って猪木が帰ってきました! やはり取材当日も、初代の頃からのファンと思わしきユーザー達で即満台。

 

 

 

 

私自身は4号機時代を知らないわけですが、そんなアンジュでも楽しめる要素がいっぱいあった台でした。演出もめちゃくちゃシュールで、なんかじわじわくるんだよなァ…。

 

 

肝心のゲーム性は、CZがよくある3回勝つやつ(語彙力)なんですけど、私これめちゃくちゃ苦手で。

 

 

だって1回戦で負けた時の「ですよね〜、だと思いましたよ〜(笑)」感と、

 

 

2回戦で負けた時の「まぁそんな甘くないよね(はぁ…ちょっと期待しちゃった…)」感、

 

 

そして3回戦で負けた時の「ハッ!? ここまで来たんだよ!?!?」感が全部味わえちゃうじゃないですか…。

 

 

でも本機のCZの勝率は、約80%とめちゃくちゃ高く、3連戦というアンジュ的ガッカリポイントを勝利の喜びに変換してくれるんです!

 

 

 

 

そしてこの頻発するCZがフリーズの契機にもなっているので、出玉大量獲得への道が常に開かれているのも魅力でしたね。まあ、負けたしフリーズも引けなかったんですけどね…。かなちい…。

 

 

平和キャラも入れられちゃってます、闘魂をね。

 

 

次回予告

 

そんな総集編第3回でしたが、いかがだったでしょうか? 今回はちゃんと圧勝できた回も振り返ることができて、アンジュのメンタルも無事保たれておりますよ♪

 

 

まあ私の記憶が正しければ、次回の総集編でまたフルボッコにされますが…。

 

 

 

 

皆様が新台を打つ際フルボッコにされない為の参考材料になるよう、先陣を切って新台と向き合うのがこの企画。

 

 

今は予定されていた新台の導入が延期されている状況ですが、自粛や延期が終わったらまた新台とバッチバチにやり合いたいと思いますので、その日までもうちょっと総集編にお付き合いくださいね!

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ