ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

ケンタブリトニー

第97回 知らざあ言って聞かせやSHOW

記事一覧へ

公開日: 2020/01/30

前回のコラムはそこそこ反応があり、我ながら、なかなか満足。

 

ただ塾長さんに断りもなく写真を使い「色素が変わるくらいヤリマンだ!」と書いたことを、本人に読まれた誤算をのぞいては、満足だ。

 

このブログも、もうまもなくで100回を迎える。第1回を読んでみると、その当時は頑張って何かを伝えようとしているがただただ文章が陳腐。

 

そう考えると誰かしらに反応をもらえている今は、少し成長したんじゃねーのかなと、裏側にある自信はさらに膨張してみたりなんかしてね。

 

元々パチスロ雑誌でも白黒ページのみしか読まなかったケンタ中年。まりもさんに会った時も「GOGOまりもボーイ」読んでます!!と言うくらい隅々まで読んでいる。

 

今も昔も、紙媒体の好きな企画はジャンルを問わずに読んでるし、なんならこのDMMぱちタウンのブログもそうだけども、WEBで色々な文章が読めるようになったから、文章を読んでる量は増えているハズ。

 

でも読んでる量に対して、何か自分の役に立ったのかというと昔の10分の1も役に立ってる気がしない。きっとそれは「老い」のせいだ。

 

意外かも知れないけども、AVで名前は出してはいないけども、監督として本数は撮っていた部類なのよ。

 



 

でも今年に入って書いた台本はというと、サムネイル画像をご覧あれ。
送ったメーカーさんには、

 

「台本少なすぎじゃないですか?」

 

と言われる始末。
昔はもっと書いていた。なんならこんなことを言ってくれ、とやってほしいことたくさんを書いていた。でも30歳を過ぎてから書かなくなった。きっとこれも「老い」のせいだ。

 

本を読んでも自分の役に立たなくなってきたのは、きっと自分が36年も生きてきて、この情報が自分の為になるのかならないのかの「取捨選択」を脳ミソがしてきてるんだと思う。

 

若い頃は何でも情報を得て自分の物にしようとしていたが、歳をとるにつれて全ての物を取り入れるなんてしていたら、確実に人生の残り時間が足りない、となると自分自信に必要な物事しか脳ミソにインプットされなくなった気がする。

 

台本が短くなってきたのは、36年生きてきた経験や撮影をたくさんしてきたおかげで、自分が撮りたい物がハッキリと見えてきてる上に、撮る女優さんの話を直接聞いてどのように撮ればいいかを考えて、アウトプットすることができるようになったからだ。

 

吸収力がなくなるにつれて、その吸収してる物を大事にすることがきっと「老い」なんだと思う。36歳って年は「老いて」きたことによる「取捨選択」「判断能力」がギンギンになっていくのではないかと思う。

 

最たる例としては、見てるユーザーのコメントだ。ケンタ中年はとにかく昔からユーザーのコメントは読む。AVを撮った時のレビューも見る。良いコメントも悪いコメントも読む。

 

面白かった!等々書かれていたら嬉しいし、つまらなかった!等々書かれていたら反省はする。でも良い意味でも悪い意味でも響かない。

 

最近YouTubeを1日平均4時間見ていて、どの動画でもコメントを見ている。可愛い子が出てる動画のコメントが、

 

〇〇ちゃんが可愛かったです!

 

このコメントとか書いてあっても心に響く訳がない。番組の内容よりも出ている女子が可愛いと言う感想から僕は何を得ればいいのか、可愛いくなるために藤田ニコルやら田中みな実の写真集を見て可愛いさを勉強するしかないのか。となってしまう。

 

いや解るのよ。解るのよ。

 




コメントに可愛いって書かれがちなミニスカ営業部をやってるのに何を言ってるのと。

 

ただねミニスカ営業部は可愛いだけじゃなくて、初めてやるボートの楽しさを波多ちゃんを通じ知ってもらい、少し買い方が上手くなってきたらゆうちゃんの様に自分なりの予想をして楽しむ。

 

そんな番組なのよ。可愛いは大前提でありつつもそこを見てほしいなと思ってしまう訳。

 


 


あのういちさんも褒めてくれるくらいの的中率を、この2人が叩き出すなんて誰が思った?この前の収録を見てて、2人の打算のない一喜一憂を見ていたら、番組コンセプトの1つである、

 

「昨今のボート動画の過剰な賭け方へのアンチテーゼ。100円からでも楽しめる動画」

 

という役割をできたんじゃないのかなと思ってしまい少しだけエモい気持ちになりました。もちろん、

 

「ボートレース江戸川を盛り上げたい」

 

という使命も、毎回250人近いお客様が来てくれて成し遂げたんじゃないのかなと、拙い司会をしながら思ったりもしたりするし、1年経ってやっとディレクターっぽいことやれたんじゃないのかなと今回の収録で思いました。

 

これもひとえに波多野結衣、篠田ゆうと1年を通じてボーバカにも負けない素敵なチームになったんじゃないのかなと、これまた収録後の江戸川を見ながら1人エモくなっていました。

 




ということで、今回のミニスカ営業部は史上最大の大盛り上がり間違いなしなので、動画が上がった際にはよろしくお願いします。そしてイベントに来てくれた方はありがとうございました。

 

ヨーソロー!!!

 


 


続く

ライター・タレントランキング

このページのトップへ