ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

リスキー長谷川

リスキー流『Pバジ桜花』の楽しみ方

記事一覧へ

公開日: 2021/08/26

現在、各メーカーの広報ツールの柱となっているYouTubeチャンネル。弊社でも「ユニバチャンネル」を始めとして「A PROJECTチャンネル」等、複数のチャンネルを展開しております。

 

メインとなるユニバチャンネルの中で「ユニぱちどこ打ちいく?!」に出演させていただいているのが私。

 

 

「ユニバーサルぱちんこ=ユニぱち」を「旅も楽しみながらどこに打ちに行こう=どこ打ちいく?!」というコンセプトでスタートさせたのですが、特に旅パートの部分は完全に企画倒れ。

 

 

緊急事態宣言下で飲食店の営業時間や酒類の提供も含め、ちょっと難しいところありますね。それでも東京都内の新たな魅力を発見できるよう、「うちいく.TV」主幹のないおさんとドライブ旅+ぱちんこを楽しむ配信もちょっとずつ浸透しつつあり、閲覧回数も増えてきました。

 

是非ともお時間ある時に見ていただければ幸いでございます。友達同士で打ちに行く際のリアルを追求した編集に仕上がっているのかなと。

 

さて、現在配信している全ての回で実戦している機種は『Pバジリスク~桜花忍法帖~』。

 

 

9月頭に『Pナムココレクション』がデビューしますが、それまでの最新機種が『桜花忍法帖』ということで、毎回ないおさんとアツいバトルを繰り広げて参りました。

 

他の番組やプライベートでもちょこちょこ触っているので、本機に対する打ち込みもだいぶ深くなったところで、「この機種は実際どんな機種なの?」ということをツラツラ書いていこうと思っております。

 

カタログスペックを簡単に説明すると、初当り約319分の1のハイミドルタイプ。

 

特徴として、初当り後100%でSTに突入し、100+20回転=120回転の間に約88分の1を引ければ継続。継続率は計算すると約75%。また最後の20回転で引き戻すことができれば、夢幻モードに突入。夢幻モードは電サポ10000回転確定=事実上連チャン確定となります。

 

さらに最後の20回転中は小当りラッシュが発動し、約1000個の出玉を得ることができる、というもの。ポイントは100%ST突入と最後の20回転で1000発ゲットできるところでしょうか。

 

また大当りは通常時、ラッシュ中を問わず、10R、5Rは各々30%、残リ40%は3R当りとなります。  

 

昨今のハイミドル機は波荒なスペックを搭載したものが多いですが、本機は100%ST突入をウリの一つにしていること、また最後には必ず1000個の出玉を得られることからも、初当りに対して獲得出玉が荒れるというよりも安定するスペックであることは間違いありません。

 

 

動画でも先日ようやく一撃1万発獲得することができましたが、1万発到達期待度は初当りに対して約5%程度となります。逆を言えば最低獲得出玉が3R+1000個となりますので、約1400個前後あることを考えると、海物語ライクな出玉性能といえますね。

 

時に履歴を見ると狂ったような連チャンかます人いるみたいですが、大抵5000発前後で終わること多いです。また出玉を得るには連チャンすることも大事ですが、ラウンド振り分けが重要。

 

3Rが続いてしまうと、出玉は増えないですよね……。まず本機を遊技する際にはその辺りをきっちり認識すべきかなと。「ユニバだし、なんか荒そう!」と思って打つと、そのギャップで嫌いになってしまう可能性もありますので。

 

次に演出面。ユニぱちの特徴として、例えば保留玉の色で言えばピンクと赤で信頼度の差が大きく開いており、比較的アツいアクションがはっきりしている傾向があります。

 

『桜花忍法帖』もアツいアクションを覚えておけば……と大雑把に書いても仕方ないので、モードをデフォルトから変えてみましょう。

 

プレミアムモードにすれば、大当りの半分でプレミアム演出が出ます。また一発告知系の発生率も大幅にアップ。シンプルにすれば先読み発生でSP以上確定。ガセ演出を大幅削除。叢雲フラッシュ(煽り)の期待度25%以上! まさにシンプル。先読みなしは文字通り先読みがないので、例えば保留変化した場合はその時点で大当り確定となります。

 

その他細かな法則、例えば夢幻ラッシュ中にリーチ目が出現すれば10R大当り!なんて超細かな法則もあったりしますが、是非動画を見てホールで見つけたらご遊技いただければ幸いです。意外と印象変わるかもしれませんよ。ということで、引き続き「ユニぱち」よろしくお願いいたします。

 

 

ユニバマシン情報満載のユニバチャンネルも要チェック!

  

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ