ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

元クズ田中

収支帳を投げ捨てろ‼(元クズ田中)

記事一覧へ

公開日: 2016/12/29

2016年もいよいよ終わりということで、今年の収支がプラスだったのかマイナスだったのか、そろそろ決着がつくころだろう。

 

勝ちたければ収支を付けろ

 

勝ちへの道を示す企画で見かけるいわゆる常套句だが、果たして本当にそうだろうか。

 

勝ったお金で家賃や生活費までまかなおうとしている専業者や一部の上級兼業者、収支を公表することで自らの存在価値を世に示すタイプのスロライターにとっては必須事項だろうが、その他の仕事でサラリーを得て、その中からタネ銭を捻出しているようなアマチュアにとって、収支を付ける行為は諸刃の剣。いやさ、僕に言わせれば百害あって一利くらいしか得られない、マイナスの行為だと言える。

 

3.5円交換、千円で27ほど回る北斗無双でまったく当らず、当っても確変に入らず、入ったとしてもなにごともなく130回を駆け抜けて5万負けたその日。サラリーマン番長でBBが70G継続して設定6が確定したはずなのに7万負けたその日の晩にすべきは、なにをさておき忘れること。酒の力を借りたっていい。なんでも言うことを聞いてくれそうな、ちょうどいい女を乱暴に抱いたっていい。とにかく、明日への一歩を踏み出すために今日の負けをすべて忘れるべきなのに、その負けを収支帳に刻んでどうしろというのだろうか。

 

収支帳を見返すたびにマイナス7万の文字に落ち込み、やり場のない怒りがこみあげてくる。なんとか1発で7万を取り返そう。いつもは仕事帰りに6千円勝てればいいやと地道にやっていたのに、その7万がちらつくものだから分不相応なデカい勝負に手を出して、さらに傷が深まっていく。そんな日々は、もうたくさんだ。

 

イヤなことから目をそらすな。現実をしっかりと受け止めろ。そして、その反省をもとに自らの姿勢を正すべきだ。偉い大人はそう言うが、そもそもそんな堅実タイプの人間なら、こんな人生歩んでないのである。

 

過去の負けを取り返すために僕たちは今日を生きているわけじゃない。未来の成長のために僕たちは今日、負けているわけじゃない。さあ、いますぐ2016年の収支帳を破り捨てようじゃないか。

 

収支帳を破り捨てた上で、2016年のスロライフを思い返してほしい。たしかにこっぴどくヤラれた日もあった。帰ればいいものを、ついアツくなって無謀な勝負にも手を出した。でも、500円で当った海物語が8連した日があったじゃないか。据え膳かと思わず二度見してしまうような絶好の沖ドキ!を拾ったことだってあったじゃないか。そう考えると、悪い思い出と良い思い出とはいつだって五分と五分。いや、思い出補正が入っている分、ちょいプラである。

 

ああ、2016年も1月に6連敗した時点で収支帳を破り捨てておいて良かった。さて、2017年の収支帳は、いつまでもつかなあ。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ