ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

元クズ田中

フィリピン人からの学び(元クズ田中)

記事一覧へ

公開日: 2017/01/27

乗っていたタクシーの運転手が急に車を停めたかと思うと窓を開け、道を歩いている露出の多い格好をした女を上から下まで舐めまわすようにねっとりと見たかと思うと、ヒューイ♪とひとつ口笛を吹いた。

安い映画で、キザな男が良い女を見て口笛を吹くのは観たことがある。だけど現実の世界で、しかもわざわざ客の乗っているタクシーを停車させてまで、それをするものかと驚いていたら、その運転手は後ろを振り返り、親指を突き立ててこう言った。

 

あんたも見たかい? 最高にイカしてたな。あれを素通りしたら、失礼ってもんだろ。

 

これまで、あまりに世間の目を、周囲の目を気にし過ぎていたのかもしれない。良い人だと思われたい。ダメな人間だと思われたくない。そういう気持ちが勝り過ぎて自分の本当の気持ちにストップをかけていたのかもしれない。

 

己の欲望に忠実なフィリピン人を、もっと見習うべきだ。もっと感情を全面に押し出していい。ゴッドが揃ったのにカッコつけて首をひねりながら不機嫌そうにしてみせた過去の自分を恥じよう。勝負どころのATが単発で終わって死ぬほど悔しいはずなのに、別に予想通りですよといわんばかりに頷いてみせたあの日の自分を恥じよう。

 

いつだってそうだ。やる前から失敗したときのことを考えて、自分の心にこれでもかというほど保険をかける。どうせそうなると思ってたんだ。別に知っていましたから。ハナからそんな逃げ腰で臨んで、良い結果が出るわけがないのだ。

 

生まれ変わろう。欲望に忠実に、なりふり構わずほしいものを取りにいく、そんな男になろう。言い訳を考える前にまず一歩を踏み出すような、本能のまま生きるオスになろう。そんなことを考えながら夜中のスタバにいたら目の前の席にセクシーフィリピーナがやってきたので、タクシードライバーに負けじとガン見。目が合ったあともひるまず見続けていたら、親指ではなく中指を突き立てられました。

 

トランプしかりドゥテルテしかり、世間では何者にも屈しない、我が道を行くリーダーが好まれているけど、こちとら日いづる国に生まれた農耕民族。キザな口笛は似合わないので、これからも目いっぱい心に保険をかけて生きていこうと思います。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ