ブログ

元クズ田中

妖精のしわざ

記事一覧へ

公開日: 2018/04/14

気がついたら、知らないフィリピン人の女の人が家にいた。この人はなにがどうなって、どんな経緯でうちにきたんだろうか。思い出そうとすると、頭がズキンと痛む。

 

この日は3泊4日で日本から遊びにきていた友人を昼過ぎに空港へ見送り、夜はひとりでゆっくりするはずだった。だけども夕方前にセブの知人から、日本からのお客さんとゴルフに行ったら腰をやってしまったので、代わりに夜の食事に同行してくれないかと連絡があった。

 

隣人になにかあったときは助け合う狭い村社会に生きる者として、僕にできることであればと夜にその方たちが宿泊しているホテルへ向かいに行き、焼肉を食べに行ったのだけど、ここの焼肉屋、肉はめっぽうウマいが、レモンサワーが強烈に効く。ストロングでジョッキ3杯飲むと記憶が飛ぶと言われているそのレモンサワーを、盛り上げなければいけないのと、初対面の人見知りを吹き飛ばすためにとの思惑からぐいぐいやった結果、記憶を失った。

 

この女の人は果たして、僕の記憶と等価交換した妖精のようなものなんだろうか。妖精ならばいつか消えていなくなるその日まで生活をともにしてもいいような気もするが、僕は良く知らない女の人と気を許して一緒に楽しくいられるタイプではない。ゴルゴ13のように慎重で臆病なので、オレの背後に立つなと、そう告げたうえで丁重に帰っていただき、眠りに落ちた。

 

ヴーーヴーーヴーーヴーー。音を消していたスマホの着信で目が覚めた。仕事関連の電話だったので少し話をして電話を切り、もう一度、寝ようと思ったところでふと思った。あれ? 昨日、なにか約束してなかったっけ?

 

明日、海のツアーに行かれるんですか? ゴルフで腰をやったあの人はきっと明日は無理なので、代わりに僕が全部、案内しますよ。代わりに僕が全部、案内しますよ。全部、案内しますよ……。

 

ああ、思い出した。たしか、朝の7時半にホテルまで迎えに行くはずだったんだ。いまは8時半。スマホを確認すると、旅行会社と腰をやったその人からたくさんの着信とメッセージがあり、もう今日はこなくて大丈夫です、とのこと。

 

完全にやったね、うん。

 

久しぶりの大寝坊。飛行機に乗り遅れた単独の寝坊は何度かあるが、誰かに迷惑をかける寝坊は久しぶり。猛獣王の新装初日に店にガイドのデータ取り用で朝イチから台をキープしてもらったにもかかわらず大寝坊した、あのとき以来じゃないだろうか。

 

とはいえ、この寝坊から慌てて追いかけたことをきっかけにその方たちとの距離がグッと縮まり、田中くんの活動をもっと知りたいと言ってくださるようになったので寝坊は申し訳ないけれど、結果オーライ。そこに関してはなんの問題もないのだけど、疑問点はやはり妖精の存在。ラインの新しい友達という欄に恐らく妖精のものであろう名前があるのだけど、これを糸口にあの日の出来事をさかのぼって解明していくべきか。妖精の素性を明らかにすべきか悩んでいるわけだが、忘れている記憶をわざわざ掘り起こして、果たしてその先になにがあるのだろうか。

 

「Hi」とたった二文字、距離を測るジャブにもならないメッセージを入れてみたが、いまのところ、メッセージは未読のままである。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ