ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

元クズ田中

田中9年周期説

記事一覧へ

公開日: 2019/06/14

お笑いの世界では8年ごとにスターが誕生するという、「お笑い8年周期説」というものがある。8年ごとにスターが現れることにはっきりとした根拠があるわけではないのだろうが、このようにあとから振り返って初めて見えてくる共通点というものがあって、僕のなかにもそういった数字が存在する。

 

9年。これが僕の周期となる数字だ。僕がガイドにかかわるようになったのが21歳になってすぐで、ガイドを辞めようと思ったのが30歳になる直前。丸9年。それで、30歳でフィリピンへと移り住んで、いまが38歳。8年と6ヶ月が経過しており、来年の1月でちょうど周期となる9年を迎える。

 

 

※入った当初のパチスロ必勝ガイド。編集部で発売前、刷りたてホヤホヤのガイドを手にしたときの嬉しさったらありませんでした

 

 

別にこの9年という数字を意識していたわけではないのだけど、2019年、つまり9年目に入ったときにふと、今年は自分自身ができることはすべて積極的にやっていこうと思い、英語を改めて勉強し始めることにした。それはいま現在も続けているのだけど、勉強をしているうちに、僕の次の9年はアメリカにあるんじゃないかという気がしてきている。

 

人生なんて、だいたいのことは思い込みと勢いさえあれば、あとは勝手に転がっていくもんだ。僕はたぶん近い将来、たとえ1ヶ月という短期であろうとアメリカに実際に住んでみるということは間違いなくすると思う。もちろんNPOでやるべきこともあるので、いますぐ移住することにはならないが、移住しないにしても、恐らくはアメリカという国との距離が非常に近い次の9年になるだろうとは思っている。

 

 

※僕は元来、変化を嫌う人間ですが、9年に1度くらいのタイミングで、思い切って環境を変えたくなる性質ではあります

 

 

NPO法人に関しては設立が2012年の2月だから、いまは7年と4ヶ月目。9年目を終えるまでの時間は、残り1年と8ヶ月となっている。これまでも団体、個人ともにいろんな人からお誘いの話はあったが、そろそろ次の段階に進むんじゃないかという予感はしている。

 

僕はこの7年と4ヶ月、自分の利益や収入というものはほとんど考えてこなかった。団体の成功、成長がすべてだと思っていたので、そんなことを考える隙間もなかったし、そういう思いでやれるのがNPOの良さでもあるのだけど、次の9年は自分の利益を得つつ、さらにそれがセブンスピリットの、フィリピンの子どもたちのためにもつながる、そんな取り組みができるんじゃないかと感じている(NPOでお金儲けをしようとしているわけではありません)。

 

田中9年周期説。こんなものはお笑い8年周期説と同じでなにも根拠のない、他愛もない話ではあるのだけど、それでも9年が近づいてくる時期というのは、その先のことを考えるちょうど良いタイミングでもあるのかもしれない。

 

10年と聞くとずいぶん長いような気もするけれど、9年なら息継ぎなしで一気に走り切れそうな気もしてくる。自分の周期は何年なのか。次の周期にはなにが起こるのか。そして、それに向かってどんな準備をすべきなのか。周期抽選のパチスロは大の苦手だが、そんなことを考えながら、ひとりで酒を飲みたい夜だってある。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ