ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

元クズ田中

自分の利益のために

記事一覧へ

公開日: 2019/07/18

今週末、7月21日は参院選の投票日だけど、僕は投票には行かない。行かないというよりも、セブにいるのでそのために日本へ帰るわけにはいかず、行けないのだ。

 

海外在住者も『在外選挙制度』という制度をつかえば、海外にいながらにして日本の国政選挙に投票できるのだけど、そのためには『在外選挙人証』というものを事前に取得しなければならず、また、それを取得するためには日本から籍を抜き、海外転出届を提出している必要があるという。

 

僕は日本に籍を置いたままなので在外選挙の資格を満たしておらず、恐らくは日本の住所に投票用紙が届いているものだと思われるが、日本にいるときは選挙というのは偉い人がなにやら難しそうなことを言っているだけで、自分には関係ないものだと思っていた。かかわらない。そのかわり、自分にどんな不利益があろうと、一切、文句は言わない。これが僕のスタイルであり、パチスロに関係のないことなど、はっきり言ってしまえばどうだってよかった。

 

だけど、フィリピンにきてから、選挙というものがすごく身近になった。もちろん僕にはフィリピンの選挙権はないが、選挙が行われ、体制が変わったりすると、いままであったシステムが、ガラリと変わる。これまで当り前のように通っていた申請が、まったく通らなくなる。逆に、いくら申請しても却下されていたものが、拍子抜けするほどあっさり通るようになる。大統領が変わったら、麻薬の売人を一般人が撃ち殺しても罪に問われなくなった。

 

 

※やってることはムチャクチャで世界から非難されているフィリピン大統領だけど、自国民からの支持率は驚くほど高い

 

 

僕も在住者として、そしてフィリピンで仕事をする者として、選挙の影響をダイレクトに感じてきた。こっちの市長が当選してくれると、やりやすくなるなあ。そんなことを考えるようになった。なるほど、これが選挙というものなのか。そう思うようになった。

 

僕は正直、ぱちんこ業界が必要以上に射幸心をあおることに関しては反対だ。出玉についても、僕個人のいまの金銭感覚からすれば、もっと抑えられてもいいとすら思っている。だから規制緩和のために投票することはいまも今後もないと思うけれど、正しい議論をするための、そんな場ができるのであれば、そこには意義があると思っている。

 

まあ、それよりも僕としては、ぱちんこ&パチスロ業界にばんばん盛り上がってもらって、パチンコ屋さんもライターさんも出版社も打ち手も儲かって、そのお金で支援してもらいたいし。塾長おじさんにもまだまだ働いていただいて、うまいメシ食わせてもらわないと困るし。

 

業界のために投票に行こうなんて言うつもりはないけれど、自分個人のためになるのなら。そんな感覚で今週末は投票に……まあ、僕は行けないのだけど、自分の利益を逃さぬよう、できることはしたいと思っている。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ