ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

元クズ田中

たまたまの人生

記事一覧へ

公開日: 2019/09/28

パチスロ打つ金欲しさにバイト先のレジから現金を拝借。田中宏明(38)を窃盗の容疑で逮捕。愛媛県警は複数の余罪があるとみて捜査を継続中。

 

死に戻りを駆使して人生をやり直せるとしても、同じ人生を10回生きれば、3回か4回はこんな人生だったんじゃないかと思う。大阪から愛媛に出戻り、ハムの配達で生きていた19歳のころ。父親のコネを頼ってなんとかJR四国にネジこんでもらおうとしたものの、夢かなわなかったあのときが人生のターニングポイント。今回の人生では運良くビーマックスとCRモンスターハウスのまぐれが重なり、その金を握りしめて東京へ出たからいまがあるが、もしあれがなかったらと思うと、ゾッとする。

 

 

※僕が死に戻った場合のセーブポイントがどこなのかはわからないが、どのポイントに戻ろうがクズであることに変わりはないと思う

 

 

みんな、仕事なんてしないよね? ねえねえ、仕事しないでも生きていける方法を考えようよ。高校時代に仲間内で話していた戯言をいまだ胸に秘めているピーターパンは僕くらいのもので、バイクいじりが好きだったアイツはいつの間にか大手メガネ屋チェーンの店長になり、パチスロでしこたま借金をこさえていたアイツは自動車工場の副工場長になり、高校を中退してクランキーコンテストで食っていた、こいつだけは変わらないだろうと思っていたアイツは、嫁の父親が役員をやっている繊維メーカーで働いている。

 

気がつけば、みんな大人になっていた。大事な予定があるのを顧みずに酒を飲み、飛行機の飛ぶ30分前に目を覚まし、どうせ間に合わないなら二度寝しようなどと開き直るクズは僕だけだ。

 

先日、田舎の母親から連絡があった。聞けば、地元の新聞に僕のことを書いた記事が載っていたという。たしか通信社の記者さんが取材にきてくれていたので、その方の記事が全国の新聞社に配信され、愛媛出身であることが引っかかって掲載に至ったのだと思う。フィリピンで無料の音楽教室を行っている県人を紹介する、そんな取り上げられ方だったようだが、一歩間違えれば社会面の片隅に、冒頭のような記事が載っていたかもしれない我が人生。では、なぜ今回、社会面ではなく地域のほっこりコーナーで取り上げられたのかというと、答えはひとつ。たまたま、だ。

 

たまたまJR四国に入れず、たまたまビーマックスとモンスターハウスで月に70万円勝って上京し、たまたまパチスロ必勝ガイドに拾われ、たまたま出会った先輩たちが良い人ばかりで、僕はいま、たまたまフィリピンに住んでいる。

 

 

※総回転数はおろかビッグ回数すら正確に表示されないビーマックスの島で適当に打っているだけで、月に70万円も勝てた時代。助かりました

 

 

そこになにか意味はあるんだろうか。生きる意味ってなんだろうか。たまたまの人生に後付けで意味を見出しながら、今日も生きる。どうせたまたまの人生なら、せめて楽しく生きたいとは思う。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ