ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

都内ユーザーが全集中!いま注目の「メッセ西荻窪」の魅力に迫る!!

特集一覧へ
2020年末の都内グランドオープンはたった3店舗!激レアな「メッセ西荻窪店」はグランドオープン後も見逃せない!!

更新日: 2021/04/07

都内パチンコ・パチスロファンが、で注目している関東のホール。


それはもちろん、

メッセ西荻窪ですよね?

※待機所を埋め尽くす“いつもの?”朝の模様

 

なぜ、メッセ西荻窪なのか?


というと、それは昨年末、グランドオープンが都内に3店舗しかなかったから!


だからこそ都内、いや関東のパチンコ・パチスロファンが注目しないわけない状況だったからなのである。

ということで、今回は、まだその熱量を目にしていない。


そんなアナタのためのぱちタウンが、足を運びたくなるグランドオープン初日(ほぼ終日)の垂涎の絵面をお送りしよう!!

ー店舗詳細ー
場所   :JR西荻窪駅前(東京都杉並区西荻南3-14-7)
所要時間 :JR新宿駅から電車で17分、駅からはダッシュでほぼ7秒!
総設置台数:807台(P:407台/S:400台)
フロア構成:2フロア(1F:パチンコ/2F:パチスロ)
注目点1 :加熱式たばこフロア(一部禁煙)&喫煙ルーム多数
注目点2 :安心安全空間完備(※各種ウイルス感染対策済み)
モットー :安心安全な最高のエンターテインメントの提供
→店舗ページはこちら←
※事前レポートはこちら

 

──時は遡行して2020年12月26日。グランドオープン当日の朝である。


抽選(行列の)締切となる9時30分を前に、西荻窪駅からどんどんと人が流れ、店舗前にながーい人垣いていくっ!

 

抽選権を握りしめたファンは、店舗裏手から最初の狩場。抽選会場へと歩みを進めていく。


もちろん入場時には、スタッフがファン全員の手指の消毒検温を実施!!

取材者本人も例外なく、検温チェック。35.3℃でOK(外が寒すぎて低い)。

 

抽選待機所に到着すると、そこには凝縮された(冒頭の絵面)


そして、9時30分の抽選(列)締切とともに、決戦場・屋上へ!!

 

テンションMAXで決戦場へ。ノリノリでピースサインを向けてくれるファンも!!

 

屋上でき渡るのは、抽選場でお出迎えする元気なスタッフたちの声。


えられたファンは、己の願いとともにボタンPUSH!


結果を見たファンの表情はドキドキワクワクな面持ちから、ギラついた眼差しへモードチェンジ!!


そして、再び待所へ…

 

入場まではあと僅か。それぞれがいのを過ごす!

いい番号を引けたファンたちも、台数ギリギリの番号だったファンも、そわそわ・・ざわざわ・・・。待ち遠しくてたまらない気持ちがざわめきを通して溢れてくる!
抽選入場以外にも、一般入場・優先パスポート入場のファンが続々。スタッフも熱烈アテンドで行列整理&会員登録をご案内!

 

そして迎える朝10時!


前人未到ホール(※関係者以外)にファンが流れ込んでいく!


2Fのパチスロを選ぶか?

1Fのパチンコを選ぶか??


迷い迷って、定めた命に向かって突き進む!!

 

く間に埋め尽くされていく空席。


すぐにちこみ始めるファンや、

 

着席後もうファン


堵の一服を決め込むファン


立ったりったりせわしないファンなどなど。

 

その行動


  

 

入場が終わって、間もなく後方入口→正面入口も全面開放!!


初日視察に来たファンも、真新しく真っ赤なじゅうたんを踏みしめてフロアへと流れ込んでいく!

一般入場ももちろん(以下略。

 

僅かな時間で店内状況は極限満員御礼!!

 

要所要所で見回っていると、

1F(パチンコフロア)の模様

↓次

2F(パチスロフロア)の模様

↓さらに次

フロアでの喫煙状況(遊技席では加熱式なら喫煙OK)

↓もぅひとつおまけ

ウイルス対策ばっちり!安心安全なフロアづくり!!
空いた台はスタッフがすぐに除菌清掃!いつでも安心な台で遊技できる!
入り口だけでなく、トイレ前にもアルコールディスペンサー完備!!

 

いろんな状況を分析したファンは、どんどんその魅力の虜になっていき、1人、また1人と、

\超入会RUSH/が止まらない!!

 

もう外が寒いなんて幻想はぶち壊す!!

 

そういわんばかりに、みんなヘッドバンキングしたくなるほどの熱狂感

 

そうしてまって、(たかぶ)って、


 応じて(たけ)唸りをげる遊技機たち!

全集中
呼吸

 

つい写したくなる瞬間!


止めておきたくなる至福の刻!!

 

ただ、止めておけない高揚感!!

まだですっ!!


期待に応えたい珠玉の機体(遊技機)たちが、羨ましすぎるシーンを量産していく!!

取材者という立場が悲しい。ピエン

 

この日、この瞬間のために特訓を重ねてきたスタッフたちも、精一杯のおもてなしを発揮する。


どんな場面でもファンの希望に応える・・・、誠心誠意まごころの込められた対応が眩しい!

 

さて、メッセ西荻窪全集中でお送りした今回のレポート。いかがだっただろうか?


流行という荒波は移り変わりがしいもの。そう、まるで運気のように──。

 

しかしっ!1つ間違いないのは、時代が変わってもメッセブランドの信頼感・期待感は変わらないということ!(※ここ数年グランドオープンを取材してきたぱちタウンだからこそ言える)


実績を重ねた銘ブランドの激レア最新店舗。その価値は皆さんも1度足を運んでみればわかるはずだ!!

 

令和3年は、メッセできっといいことが待っている!!…かも

  

写真・文/シン・矢ナリー

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ