ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

ケンタブリトニー

第101回 死ぬまで東村山に税金を払ってやる

記事一覧へ

公開日: 2020/03/31

やぁやぁどーもケンタブリトニーだぉ。

 

100回を迎えた前回ですが、余韻に浸る暇もなく、まぁ普通に締切はくるもんで、さぁなにを書こうかと迷うものですな。

 

「テメー最近は月2回しか更新てねーだろ!」 

 

と言うツッコミは野暮なので心の中にしまってくだせい。

 

ここ最近はコロナの影響で日本に元気がない。 
ライブは中止、ボートも無観客、パチンコ屋さんも煽ってはダメ。
日本から娯楽が失われてるんですよ。

 

規制自体は健康第一ということで、自制することに文句は全くないのですが、まぁなんというか日本に元気がない。

 

僕はライバルを「メイウェザー」と公言したくらいですから、こんなときでもエンターテインメントを追求したい。
エンターテイナーとして、この日本を明るくするためになにができるかと考えたわけですよ。

 

その結果、日本を元気にするために考えついたのがとりあえず生配信。
日々みんなを笑顔にするために生放送がんばっております。

 

まぁ正直、自営業の人は本当に辛いですよ。このコロナちゅーものは。

 

収録中止=無収入

 

ですからね。日本がその間のお金を給付するってニュースがあったりしますが、元々日本って国は、国民に借金があるのに給付、貸付けとはこれいかにとは思います。

 

文句を言っていてもしかたがないので、とりあえず早く騒動が収まることを願います。

 

仕事がなくなり、することがなくなったらすることはひとつ

 

「ギャンブル」

 

正確にはパチンコはギャンブルではなくて遊技だけども久しぶりにギャンブルに興じた。

 

3月唯一出演のとりあえず生配信では、ケンタ史上最高額の25,000円をかけた。
そのうちの3分の1くらいは視聴者さんを元気にしたくて、視聴者さんの買い目を買ってみた。

 

結果、自分の予想、視聴者さんの予想、共々1回も当たらずにハズれた。
でも見てくれた人1000人位が、とりあえずその瞬間は喜んでくれ、楽しかったと言ってくれたなら、25,000円くらい安いものだろう。

 

もう一度言うけども、僕のライバルは「メイウェザー」だ。
メイウェザーの試合は見るのにお金を払わなきゃ楽しめないんだとするなら、25,000円もこちらが支払って、視聴者、しいては日本を楽しませたのなら

 

メイウェザー<ケンタブリトニー 

 

となり、勝ったんじゃねーのかなと思ってる。
ただ当たったお金を全て東北の方々に寄付すると言ったら少しコメントが荒れた。

 

「そんな汚い金なんて募金しないで、汗水垂らしたお金を募金しろよ」

 

とコメントが荒れた。
そもそも、賭けたお金自体は僕が汗水垂らしたお金だ。
いやわかる、わかるのよ。稼いだそのお金をギャンブルに使わないで募金したらどうだい? ってことが言いたいのは嫌というほどわかる。

 

どんな形であれ、みんなが楽しめたら僕も楽しい。それなのに、そのお金を他のなにかに使うのは申し訳なさすぎる。

 

3月と言うこともあるんだけども、今のコロナでエンターテインメントが自粛ムードになってる様子は、あの東北大震災と似ている。

 

あのときも人々から娯楽が奪われて、今を生きることにしか目が向けられなかった。
だからあのときはなにもできなかったけども、今はそこそこなにかを発信する手段を身につけたので、外出自粛で自宅にいるだけの人を楽しませたかった。

 

そこには汚い金なんてものは、なにもないんじゃないかなと思うし、仮にそれが汚い金だと思われても、使い方をきちんと間違えなければ良いんじゃないかと思っている。

 

そんな大それたことを今年の確定申告が

 

「-72万」

 

だった男が思ってる。

 


もう一度言います。
そんな大それたことを

 

「凱旋の天井が2連続で単発」

 

だった男が思ってる。

 


 

 

メイウェザーに勝てる日はなかなか遠いかもしれないけども、地元東村山で基礎控除などが引かれて赤字が確定したとき職員さんに

 

「まぁ赤字出しても還付金が全て帰ってきますので元気だしてください」

 

と励まされ

 

「還付金じゃ赤字足んねーよ!」

 

と言って、別の職員にその発言をした職員さんもろとも注意されるくらい爆笑をとったので、とりあえず、東村山のメイウェザーと名乗って良いのかもしれないと、ひっそりと思っております。

 

しかし、今年もこのままだと赤字申告だなぁーと思ってまた眠るのであった。

(本当はレアな赤字申告の写真を載せたかったが、実家に置いてきてしまった。皆さん、税金は払いましょうね!)

 

そしてバリクズのファンクラブ的な


「サロン・ド・クズ」


が4月1日から開設されるので、良かったら下記リンクから説明を読み、入りたい方は入ってもらって、入りたくない方はひっそりとバリクズの更新がくるのをお待ちください。

https://lounge.dmm.com/detail/2434/

 

ぶっちゃけるとサロンメンバー用の撮りおろしの一献を収録しましたが、全員フルスロットルです。
完全に過激、クズ度が上がっておりますのでお楽しみに!

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ