ヘルプ

act gold長浜の来店レポート

icon

act gold長浜の来店レポート

店舗詳細
act gold長浜

実施店舗:act gold長浜

実施日:2019/03/02 10:00〜22:45

英雄の軌跡

初の実施に420人が集まる!

 

3月2日(土) act gold長浜

 

 

日本一の湖・琵琶湖のほとりに位置する長浜市。

 

そこにある「act gold長浜」において、第17回目の「英雄の軌跡〜ヒーローズレポート〜」が実施された。

 

同店では初の実施となるが、耳聡い勇者たちが、噂を聞きつけて集結、その数は420人にも及んだ。

 

 

 

大型店らしく、大人数の抽選も手慣れたもの。

 

 

あとは開店時間を待つだけ。

 

 

 

 

 

そしていよいよ戦いの幕が開く。

 

さあ、琵琶湖を一杯にするほどの出玉…はともかくとして、数多くの英雄の誕生を期待しようではないか!

20スロの半数以上がプラスに!

パチスロは全体的に好調だったが、シマ全体での出玉が光っていたのは『パチスロ化物語』。

 

 

4台中3台がプラスで、全台差枚数も、1万枚に届こうかという+9,633枚

 

 

文字通り、英雄たちが幸福な時間を過ごしたわけだ。

 

安定感では、それ以上の素晴らしさを見せたのが『ニューパルサーSPⅡ』。

 

 

なんと5台すべてがプラスで、全台差枚数は+6,106枚を記録した。

 

 

昔からのファンも多いシリーズだけに、ここ一番で期待に応えてくれるのはさすがだ。

 

ベテランだけでなく、腕自慢の若手スロッターの間でも評価が高い『ハナビ』だが、これも彼らの技にきっちり応えた形となった。

 

 

 

7台中5台がプラスで、全台差枚数は+6,426枚をマークした。

 

 

 

 

狙い通りにきっちり出てくれる、まさにいぶし銀のような機種といえよう。

 

同様に、新旧のファンを満足させてくれたのが『バーサス』。

 

 

5台中3台がプラスで、全台差枚数は+4.480枚を記録している。

 

 

 


 

シマも大いに盛り上がっていたようだ。

 

パチスロとしては新顔だが、原作ファンの幅広さでは、現行の機種の中でもトップクラスの『聖闘士星矢』シリーズからは、『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』がその実力を見せつけた。

 

 

 

4台中2台がプラス、全台差枚数は余裕の+7,000枚越え

 

 

 

 

シマには英雄たちの小宇宙がはちきれんばかりに満ちていた。

 

また、原作ファンの濃さでは負けていない『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』も、ファンの想いにしっかり応えていた。

 

 

3台中2台がプラスで、全台差枚数は+3,970枚という結果に。

 

 

まだまだ人気だけでなく実力も健在であることを示していた。

 

そして、安定感よりもむしろ出玉でのアピールが目立ったのが『ニューアイムジャグラーEX-KT』。

 


 

13台中プラスは6台だったが、全台差枚数はなんと+7.959枚にも達した。

 

 

純粋Aタイプでこの出玉には恐れ入る。

 

 

 

  

ランプがペカりまくりの光景はさぞや美しかったことだろう。

 

実に夢のある結果となった。

 

その他では、『A-SLOTツインエンジェルBREAK』も健闘していた。

 


 

 

パチスロ(20スロ)全体の結果は、308台中157台がプラスと、半数以上の台がプラスを計上し、トータルの差枚数も+20,367枚と、2万枚を越えてきた。

 

もちろん、『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』や『バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆』『押忍!番長3』などの人気台からも英雄は生まれており、全体的に満足度の高い一日であった。

 

※記事内の枚数表記はぱちタウン独自調査に基づくものです。ご了承ください。                 

『北斗無双』が貫禄の120,000発越え!

パチンコでは、現在のナンバーワン人気機種『ぱちんこCR真・北斗無双』が、ここでもその強さを見せつけた。

 

 

 

18台中12台がプラスで、全台差玉数は+120,600発と、10万の大台を軽々と越えてきた。

 

 

 

 

英雄を目指すならまずはこの機種、と言わんばかりの活躍だ。

 

 

 

 

さすがデビュー以来、人気トップの座に君臨しているだけのことはある。

 

そして同じくデビューからずっと高い人気を誇る『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』も絶好調。

 

 


 

18台中9台がプラスで、全台差玉数が+52,290発

 

すっかり定番機種としての地位を確立し、かつファンの期待に応える実力を披露している。

 

さらに遊パチ版である『CRフィーバーシンフォギア戦姫絶唱シンフォギア LIGHT ver.』も大健闘。

 

 

 

 

3台中2台がプラスで全台差玉数は+7,980発をマーク。

 

ミドルスペックとともに、まだまだ人気は衰えそうもない。

 

CRぱちんこ AKB48-3 誇りの丘』も素晴らしい成果をあげた。

 

 

 

 

18台中12台がプラスの安定感に加え、全台差玉数も+51,240発と上々。

 

 

メンバーは入れ替わっても、ファンの愛は変わらず、といったところか。

 

そのほかでは、『CR大海物語4 BLACK』『ぱちんこ 劇場霊』が好結果を残している。

 

 

 

また、個々の台では、前記の機種以外に『CRぱちんこ冬のソナタ Remember』『ぱちんこ宇宙戦艦ヤマト2199 219ver.』『CR JAWS再臨-SHARK PANIC AGAIN-』など、数多くの台で健闘が確認された。

 

 

パチンコトータルでは、4パチ432台中192台がプラスを計上し、総差玉数は+32,164発となった。

 

初めての実施としては上々の結果で、今後に向けても十分な手応えが感じられた。

 

※記事内の枚数表記はぱちタウン独自調査に基づくものです。ご了承ください。      

このレポートの関連情報

関連する店舗

関連する機種

このページのトップへ