ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

66周年を迎えた大山観光グループ!誕生月にゼニスコート&マザーブロスの2ブランドに密着リポ!

特集一覧へ
改めて示したい、ファンへの感謝の思い!「大山観光グループ」の3店舗が躍動!

更新日: 2018/08/31

「心にしみを 人にびを 街にもりを」

 

この経営理念を胸に、アミューズメント施設経営を中心に成長を続けてきた「大山観光グループ」。なんと同社は、今年の8月で創業66周年を迎えた!!

 

同グループはこれまで、兵庫県内に「ゼニスコート」をはじめ、「ブロス」「ソニック」「一番」などを多ブランドで展開。いずれも、地元にされ根付いているブランドである。そこで今回は、66年の集大成を捉えるべく、「ゼニスコート」「ゼニスコートグランスロット」「マザーブロス」の3店舗に取材を敢行!

 

まずは、阪急伊丹駅のすぐそばに位置する、「ゼニスコートグランスロット」から取材開始だ!

 

取材当日、8/18(土)の朝。

店舗の前には、同店でのしいひとときを待ち望むファンの姿が!

 

「ゼニスコートグランスロット」パチスロ専門店。

定番の20円パチスロに加えて、4円パチスロコーナーも完備した全416台!!

 

 

きっと、あなたの打ちたい一台が見つかる環境!

伊丹エリアだけでなく、いろんな地域からファンが駆けつけたのだろう。

 

 

入場抽選も終え、やがて迎えた午前10時の開店時刻。

この瞬間を待ち望んでいた、足取りの軽いファンが次々と入店!入店!にゅうテンテン

 

 

『ジャグラー』シリーズや『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』をはじめとする根強い人気機種。さらに『パチスロ ルパン三世 世界解剖』などの最新話題機種

1Fと2Fの両エリアの空席が、続々と埋まっていった!

 

 

開店と同時に、稼動が高まりをみせる中、特に我々取材班の目を奪ったのは『ジャグラー』エリア。

色鮮やかに彩られたJUGGLER装飾の数々!

最後にもう一ペカリ、狙ってみてはいかが?

 

 

『ジャグラー』の勢いにけずらず、ほかの各機種もヒートアップ

スタッフたちも、快適な空間づくりのためバックアップ!!

 

 

 

ファンにとって、素敵な時間がまだまだ続くであろう「ゼニスコートグランスロット」

遠方から訪れても魅力十二分の同店への道程を、我々取材班の1人、K君と共におさらいしてみよう!

まずは「阪急伊丹駅」の西口改札を出よう。それから外に向かえば、写真の出口がすぐに見つかるぞ。
外に出たら、向かって左手にターン。すると、もう目の前には「ゼニスコートグランスロット」の看板が!
店舗はもう目と鼻の先。はやる気持ちを抑え、目の前の横断歩道を冷静に通過。
イエス! 「ゼニスコートグランスロット」に到着!!

 

「阪急伊丹駅」の西口から、わずか徒歩1分

この場所で「ゼニスコートグランスロット」は、1人でも多くの人の心に喜びを与えられるよう邁進中だ!

地域の活性化や募菓子活動など、様々なカタチで地域に貢献している。

 

 

そんな同店から後ろ髪を引かれつつ、次は大阪府池田市にある「ゼニスコート」に突入!

 

パチンコ・パチスロの両方を取り揃えている「ゼニスコート」

入り口のすぐ近くに設けられた休憩スペースも、潔感が漂う過ごしやすい環境♪……だったのだが。

 

(私)「……!?」

(K君)「ほほーっ。このエリアにはこんなお店もあるのかぁ」

(私)「(……こいつ、入店していきなりくつろぎ始めやがった)」

 

 

さっそく休暇スペースでくつろぎ始めたK君を引きずり、いざ入店!

 

まず、目の前に広がったのがパチンコフロア。

こちらでは『海物語』シリーズに加えて、『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』『CRぱちんこ ウルトラセブン2』稼働!

 

パチンコフロアでは各台計数機を採用。

その上で、ファンがより快適に遊技できるよう、スタッフたちの心のこもったおもてなしも印象深かった。

 

お次はパチスロフロアへ。

 

こちらも人気話題最新機種絶賛稼働中!

出玉感も印象。ファンのテンションも感度。フェス感満載だ!

パチスロフロアでも、スタッフたちが誠心誠意ファンをサポート!

 

 

まだまだこれだけではない!

「ゼニスコート」ファンたちの熱気は、時間を増すごとに加速していった!

 

ファンのさらなる健闘を祈りつつ、最後に大阪府は箕面市に位置する「マザーブロス」へ到着。

 

時刻は午後2時過ぎ

その時点で既に、800台のキャパシティを誇る駐車場はほぼ満車状態に!

 

取材当日は夏真っ盛り。

 

祭りの活気にも、打ち上げ花火の迫力にも負けない大盛況っぷりに期待大!!━━そんなはやる気持ちを抑え入店すると、やはりそこでは多くのファンが遊技していた!

 

 

パチスロ276台!

パチンコ612台!!

 

思わずと叫びそうになる、ドッカンッカン店内状況!

さらに、心休まる空間づくりに余念のない「マザーブロス」のサービスも要チェックや!!

充電サービスや休憩スペースの完備!

 

(K君)「……zzZ」

(私) 「また見ないと思ったら……。コラァ!!キミもスタッフの皆さんを見習えぇー!!」

(K君)「━━はっ!!!」

 

 

ーーそして時刻は夕刻過ぎ

ファンたちが少しでも長く、安らぎのひとときを送れるようにと、スタッフによる笑顔のサービスは続いた。

「マザーブロス」のカウンターの前にも、募菓子箱が設置されている。

 

 

心温まる接客に加え、ファンとともに地域の一助となろうとする福祉の精神

これも地域のために尽力したい、そんな企業方針があってこそのモノだ!

 

地域をし、地域にされるパチンコホール企業・大山観光グループ

このゼニスコートゼニスコートグランスロットマザーブロスの3店舗の状況から、ご理解いただけただろうか?

 

リポートの結びに、同グループに今後について聞いてみた。

担当者「弊社が無事に66周年を迎えられたのは、お客様の日頃のご愛顧のおかげです。これからもご期待に沿えるよう、お客様ひとりひとりに感謝を伝えていきます」――。

写真/文 哲太

 

この記事の関連情報

関連する店舗

関連する機種

この記事に関連する店舗の来店レポート

このページのトップへ