ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

週末に訪れるMMGPの衝撃!「マルハン仙台駅東店」の猛進が“どうにも止まらない”!!

特集一覧へ
回を重ねるごとに勢いを増すMMGPの中でも、別格の存在感を示す「マルハン仙台駅東店」は要注目!

更新日: 2018/10/22

 宮城マルハングランプリ(MMGP)
~あらすじ~
杜の都、宮城県に根を下ろすマルハン。
その宮城県下マルハン4店舗が、己のプライドをかけて立ち上がった。
ジャッジ役となったのが、ご存知の通りDMMぱちタウン。我々は取材を通して、各店舗の状況を数値化。「にゃんまる度」として算出することによって、宮城マルハンの王者を決定しようという壮大?な計画である。
名づけて「宮城マルハングランプリ」ーー、略して「MMGP」のアツい戦いの火ぶたは、切って落とされたのだった…。
かくして、3ヶ月を経て第2シーズンに突入!アツき「衝撃」を推し量るMMGPの行く末やいかに!!?

 

 

9月15日()。

週末が近づくと、抑えきれないドキドキ・・・。

そう!宮城のパチンコ・パチスロファンなら決してスルーできない、MMGPの開催だ!!

 

9月のど真ん中となる今回のMMGPは、地下鉄仙台駅直結でアクセスしやすさバツグの、「マルハン仙台駅東店」が舞台となる。

仙台の朝はとにかく早い。

開店時間を案内してくれているアドリブ店長の表情は、「朝が弱い者はMMGPに参加することすらできない」と挑発的(に見える気がする)

 

しかし、そんな挑発を跳ね返す猛者達が朝早くから集結

店舗前には、気合い入りまくりで開店時間を待つファンの列がっ!

 

各自お目当ての台をゲットし、出玉げるイメージトレーニング中といったところか。

そんな中、入口にはひと際目を引く新台のポスターも!

「マルハン仙台駅東店」では、『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』28台(4パチ:24台、1パチ:4台)導入済み。

パチスロでも『マイジャグラーⅣ』が増台されており、看板機種か新台か・・・、心が揺さぶられて、今日打つ機種が決められないっ!

 

そんな雰囲気を感じていると、時計の針が8時半を指し、待ちに待った入場スタート!!

 

今日は勝利の女神として、ぱちタウンエンジェルスさやちゃんが応援に駆け付けた。

その癒し系スマイルで、MMGPをさらに盛り上げてくれっ!

 

毎回、決して期待を裏切らないMMGP

今日はどんなニャイスな光景が見られるのかと、取材班の期待度も、さやちゃんのテンションも朝からMAX!!

 

パチンコ516台、パチスロ192台、総設置台数708台を誇る「マルハン仙台駅東店」

パチンココーナーをチェックすると、やはり朝イチは絶対的な信頼度を誇る、『海物語』シリーズ、『ぱちんこCR真・北斗無双』『CRぱちんこウルトラセブン2』から席が埋まっていく。

 

取材班注目の新台、『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』もフル稼働スタート。

そして7月に「大幅増台」された1円パチンココーナー、こちらも朝から大いに賑わっていた。

バラエティー豊かなラインアップで、パチンコを存分堪能できるのがファンには嬉しい

                                                                   

 

パチスロコーナーに目を移すと、『ジャグラー』シリーズをはじめとするAタイプ、『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』にファンが押し寄せている。

『ジャグラー』コーナーでは、増台された『マイジャグラーⅣ』のポジションを確認!

 

そんなこんなで店内を一周し終えた取材班に、一息つく間もなくニャイスニュースが飛び込んで来た!

『海物語』シリーズで大当り乱発!

パールフラッシュハイビスカスフラッシュといった告知ギミックが、あちこちで「キュキュキュキュイーン!」と景気よく鳴り響く。

 

『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』でも、無双の名前は伊達じゃないと言わんばかりの大当りラッシュが始まっていた。

 

もちろん、他の機種からも大当りが続出!

あちこちで聞こえる確定音大当りラウンドのメロディーに、店内全体をつつむ熱気急上昇

その理由はファンの気合いからか、さやちゃんの応援効果か・・・?

さやちゃんのマイクを握る手にも、自然と力が入る!

 

パチンココーナーの盛り上がりを確認した取材班は、パチスロコーナーへ。

こちらでは看板機種の、『ジャグラー』シリーズが、すでにれだしていた!

 

さらに、『ジャグラー』シリーズに負けず劣らず、他のAタイプAT・ART機好調すぎるスタートダッシュを決めている。

ボーナスの打!

ATのループ!

あっという間に、下皿とドル箱がメダルで溢れていく。

MMGPでは見慣れた光景だが、普通こうはいかない!!

    

店内の状況を一通り確認した取材班は、店内で初めて見るブースを発見!

それは・・・。

「地域と共に がんばろう!東北 マルハンプロジェクト」と銘打たれた、防災備蓄プロジェクトだ。

今年は自然災害が多発し、不安な思いをした方も多いはず。

そんな地域住民の不安に素早く対応し、ここ「マルハン仙台駅東店」を含む東北マルハン全42店舗では、万が一の事態に備え、保存水などの備蓄を行っている。

日頃から防災に対する意識を高め、いざという時には地域住民の拠り所になれるようにとの思いで、プロジェクトをスタートさせた。

訪れるファンを含め、地域住民への心遣いを忘れないのがマルハンイズムなのだ。

 

マルハンといえば、充実した賞品コーナーの品揃え

なかなか手に入りにくい期間限定品や、銘酒の数々をGETすることも可能。

 

もちろん、それだけで収まるはずがない!他とは一線を画すサービスを多数実施しているのが、マルハン流!

 

男子禁制の女性専用レストスペースを完備。

備え付けられた大きな鏡は、メイク直しにもってこい!

気軽に利用できるクロークサービス。

大切な荷物をしっかりと守ってくれる

アメニティや消臭剤・芳香剤も充実!

タバコの匂いが気になって・・・という人でも安心だ

雨の日には、濡れた体を拭くタオル・傘の貸し出しも。

いろんな消臭剤が選び放題使い放題

コーヒーカウンター前には、テーブル席あり。

遊技の合間に、ゆっくりコーヒーを召し上がれ

パチンコサービス心意気

ニャイスなポイントが揃った、「マルハン仙台駅東店」でのMMGPも折り返し地点。

さやちゃんはフレンドリーなスタッフとともに、後半戦に向けて気合い注入!

 

パチンココーナーに目をやると、そこには松島に代わって日本三景入りしてもいい程の絶景が広がっていた!

通路ぐ、ドル箱

怒涛勢いで積まれていくドル箱、これぞ名物「マルハンタワー」!!

 

さやちゃんの声援がファンを後押し!

 

積み上げるドル箱&流す出玉が多すぎて、スタッフも大忙し!

 

ドル箱で通行止め状態のパチンココーナーを後にし、パチスロコーナーへ向かう取材班。

こちらでは、一足早い「光のページェント」が開催中!

台の頭上には、メダルがぎっしり詰め込まれたドル箱!

通路には、眩い光を放つ別積みのメダル!

パチスロコーナー全体が、熱気につつまれている。

MMGPならではのインパクトは、一見の価値あり!!

 

このインパクトを一人でも多くのファンに届けるべく、さやちゃんもリアルタイムで状況を発信していく。

当日の様子は、「@s_saaayaka」からもチェック!

 

ここからは、気になる「稼働率」、「盛り上がり度」、「接客対応」をもとにした、「にゃんまるポイント」の結果発表!!

パチンコ
『ぱちんこCR真・北斗無双
一人当たりの
衝撃P:2,795pt
衝撃度:108.2%
『CR戦国乙女5〜10th Anniversary〜
一人当たりの
衝撃P:7,778pt
衝撃度:124.4%
『CR真・花の慶次2〜漆黒の衝撃 2400
一人当たりの
衝撃P:2,538pt
衝撃度:114.1%
※ポイントはDMMぱちタウン独自の方法で算出しております


 

パチスロ
『ハナビ マットブラックver.』
一人当たりの
衝撃P:1,372pt
衝撃度:110.1%
『ニューパルサーSPⅡ』
一人当たりの
衝撃P:2,352pt
衝撃度:120.4%
『パチスロ化物語』
一人当たりの
衝撃P:5,560pt
衝撃度:131.7%
※ポイントはDMMぱちタウン独自の方法で算出しております

 

 

MMGPでは、訪れたファンが120%楽しんでいる様子が表情から伺える。

しかし、楽しそうな表情をしているのはファンだけではない。

笑顔でファンと接する、マルハンスタッフの楽しそうな表情をご覧いただきたい。

「マルハン仙台駅東店」では、ファンに愛されるスタッフ・店舗を目指し、接客は勿論、ファンが快適に過ごせる空間創りに取り組んでいるとのこと。

 

「仙台駅徒歩5分。どの時間に来て頂いても快適に過ごせるような空間を目指し、日々努力しております。仙台に来られた際は、是非一度お立ち寄り下さいませ」という、熱い想い自信に満ちたメッセージを取材班は受け取った。

 

取材班が捉えた数々の写真から、MMGPの衝撃は伝わったはず。

しかしそれは一端でしかない。

本当の衝撃を体感するためには、自身が現場へ行くしかないのだ。

オイシイ情報を見逃さないためにも、LINE@を登録しておこう。ブログも要CHECK!!

 

参戦店舗から一切の妥協が見られないMMGPだが、衝撃はまだまだ終わらない

次回はどんな「ニャイス」に遭遇できるか・・・、乞うご期待!

 

 

To be continued

撮影/ Y・H 文/ポプ川ピピ夫

この記事の関連情報

関連する店舗

関連する機種

この記事に関連する店舗の来店レポート

このページのトップへ