ヘルプ

来店レポート

icon

エスパス日拓高田馬場本店の来店レポート

店舗詳細
エスパス日拓高田馬場本店

実施店舗:エスパス日拓高田馬場本店

実施日:2018/12/23 10:00〜22:45

英雄の軌跡

クリスマスイブイブに370人が集結!

12月23日(日)エスパス日拓高田馬場本店

 

クリスマスイブの前日、23日に英雄を目指す勇者たちが集結した。

 

そう、この日は「英雄の軌跡〜ヒーローズレポート〜」の実施日である。

 

今回の舞台は高田馬場にある「エスパス日拓高田馬場本店」。

 

都心に近い学生街にあるホールで、若者に圧倒的支持を受けるが、地元の常連の人気も高い。

 

加えて、この日はリニューアル後のフルオープン3日目だったので、もう開店前から寒さを吹き飛ばす空気に満ちていた。

 

朝の抽選に集まったのは、整理券の枚数が限定だったにも関わらず370人!

 

この中から何人の英雄が誕生するのか。

 

プレイヤーだけでなく、取材陣も興味津々だ。

 

 

 

そして朝10時。戦いの幕が開く。

 

いざ行かん、勇者たち!

  

パチスロでは30万枚OVERという空前絶後の差枚数を記録!

      

開店から間もない11時の時点で、パチスロは全360台中303台が稼働パチンコはフル稼働と、上々の立ち上がり!

 

そんな中、パチスロでは最終的に差枚数が30万枚を突破!

 

20スロ1台あたりのユーザープラスが約900と、過去最高の数値を記録。

 

英雄が「誕生」するどころか、「割拠」するレベルの快挙となった。

 

中でも、神がかった出玉を見せたのが『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』。

 

 

まさに神が降臨したかのような出玉っぷりで、14台すべてがプラス、全台差枚数は+89,746枚というもの。

 

神に祝福された英雄たちには賛辞の言葉を送るしかない。

 

 

しかし、その神の領域に迫ろうかという機種があった。

 

押忍!番長3』である。

 

 

 

プラス台数は18台中14台、全台差枚数も+86,208枚と、『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』とほぼ互角。

 

まさに「やるときはやる」頼もしいヤツ、それが番長なのだ。

 

 

この2トップにこそ及ばないが、『ファンキージャグラー』、『アイムジャグラーEX-AE』の『ジャグラー』コンビも、20,000枚を越える差枚数を記録している。

 

 

Aタイプでこれだけの出玉をマークしているのは、さすがというしかない。

 

ちなみに『マイジャグラーⅢ』も13台中8台がプラスで全台差枚数も+14,696枚という好結果を残しており、『ジャグラー』シリーズからも数多くの英雄が誕生した。

 

 

また、『ハナビ』や『クランキーセレブレーション』という。根強いファンを持つ機種も、それぞれファンの期待に十分過ぎるほど応えていた。

 

 

さらに『パチスロラブ嬢』『HEY!鏡』『沖ドキ-30』が、いずれも高いプラス収支率と15,000枚を越える全台差枚数を記録。英雄の誕生に貢献した。

 

 

 

もはや伝説級の出玉を叩き出しているが、実はこれだけでは終わらない。

 

なんと、『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』『パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2 C.C. ver.』『パチスロ モンスターハンター月下雷鳴』の3機種も、差枚数が10,000越えを達成しているのだ。

 

 

 

ちなみに、『GI優駿倶楽部』も4台中4台がプラスで全台差枚数は+7,704枚を記録している。

 

 

この結果、パチスロのトータル差枚数は驚きの+302,368枚

 

多くの勇者が「英雄」の称号を手にすることとなった。

 

注目すべき点は、差枚数はもちろんのこと、プラス台の割合の多さにある。

 

少数の台が大量に出たというのではなく、半数以上の台が安定した出玉を記録したことが大きい。

 

すなわち、英雄は生まれるべくして生まれた、というわけである。

 

正直、取材班の予想を大きく越えており、こんなにも多くの英雄が出現したことには、ただただ驚くばかりであった。

 

4パチではほぼ半数がプラスに!

パチスロの圧倒的出玉に目を奪われるが、実はパチンコも負けてはいない。

 

その筆頭は『CR大海物語4』。

 

33台中19台がプラスを計上し、全台差玉数は+149,840発を記録した。

 

『海』シリーズの実力を遺憾なく発揮したと言えよう。

 

 

そして『CR大海物語4』に次ぐ出玉を記録したのが新台の『CR牙狼TUSK OF GOD』。

 

11台中8台がプラスで全台差玉数は+95,150発

 

さすが黄金騎士の名は伊達じゃない。

 

 

新台といえば、『CRぱちんこAKB48-3 誇りの丘』も好調。

 

こちらは17台中10台がプラスとなり、全台差玉数も60,000発越え。非の打ち所のない結果を残している。

 

 

その他では、『CR真・花の慶次2〜漆黒の衝撃 2400』が12台中7台がプラスで全台差玉数は+70,000発越えと、存分に傾いてくれた。

 

 

その他では、『CRルパン三世〜消されたルパン〜299Ver.』『ぱちんこCR北斗の拳7 転生』などがプラスを計上。

 

まだまだ新台には負けていられないとばかりに、ベテラン勢らしい安定感を見せつけていた。

 

 

 

 

パチンコ(4パチ)は、全272台中134台がプラスになり、合計差玉数は+219,500発と20万発越えを記録。

 

パチスロに続いて、パチンコでも数多くの英雄が生まれることとなった。

 

まさにクリスマスを前に、多くの英雄を輩出した「英雄の軌跡〜ヒーローズレポート〜」。

 

このあと、彼らが手にした天からの贈り物が、クリスマスプレゼントとなって誰かの元に配られたことは想像に難くない。

 

そして次なる英雄の出現へと夢は広がっていくのだ。

 

 ※記事内の枚数表記はぱちタウン独自調査に基づくものです。ご了承ください

このレポートの関連情報

関連する店舗

関連する機種

このページのトップへ